鼻骨切り | 鼻 形成|診療案内 美容外科・形成外科のことなら阪田美容・形成外科

03-6380-6962 診療時間 10:00~18:00 休診日 木曜・日曜

 

鼻骨切りとは

太い鼻筋を細く整える施術です。左右の鼻の穴の中を切開し、鼻周辺の骨を切って中央に寄せ、固定することで鼻筋を細くまっすぐに整えます。
基本的に鼻の内部からノミを使って骨切りを行うため、傷が表からは目立ちにくいのが特徴です。術後の鼻の骨は整えた形に固まります。

こんな方におすすめです

  • 鼻筋の幅が太く、広い方
  • 鼻筋をすっきり細くさせたい方
  • ワシ鼻を治療したい方(ワシ鼻修正と同時施術)
  • 鼻筋が曲がっている方(斜鼻修正と同時施術)
当院の鼻骨切りの特長

お一人おひとりの
お悩みにあわせた治療

当院では、最初に患者さまお一人おひとりの鼻や目の形と顔のバランスを確認。あらゆる角度から見たときに適した形態を考え、お悩みにあった方法をご提案いたします。

鼻の内側から治療する
クローズ法

当院では鼻骨切りにおいて「クローズ法」で切開を行っています。左右両側の鼻の穴の中を切開するため、表から傷跡が見えにくいのが特徴です。

医療技術を
常に追求

手術は全て院長である阪田医師が執刀します。院長は、大手美容クリニックの総院長として長年美容医療に従事したのち、現在も他のクリニックからの依頼を受け技術指導も務めています。国内の美容医療の情報に対する監修や、国内外からの執刀依頼にも応えながら、日々医療技術の研鑽を重ねています。

手術について

鼻骨切りは「鼻筋を細くまっすぐに整える手術」です。生まれつき、あるいは怪我などの後天的な理由で鼻筋が曲がっている斜鼻の方や、鼻筋が高く広いワシ鼻の方にも適応します。また鼻骨骨切りは手術が大きい割りに変化が少なく、鼻筋が低い場合は鼻を高くする隆鼻術のほうが適応の場合もあります。
当院では、患者さまのご希望の形に近づけるために、複数の治療の提案も行っています。

手術法

(1)鼻穴の中から切開[クローズ法]

鼻穴の中の内側から皮膚を切開します。
左右の穴から、それぞれ梨状孔縁切開、軟骨間切開を行います。

(2)骨膜剥離

切開だけでは中が見えないため、鼻中隔軟骨直上、外側鼻軟骨直上の骨膜を骨から剥離します。

(3)骨切り

3本のノミを使い、鼻骨、上顎骨、上顎骨の前頭突起をそれぞれ切開します。

(4)縫合~ギプス固定

骨切りの後は、傷口を吸収糸で縫合します。最後にギプスで鼻を固定して終了です。

オープン法とクローズ法

鼻尖形成の手術方法は2種類あります。オープン法とクローズ法です。
当院では、お一人おひとりに合わせた治療を阪田院長が提案し、執刀しています。特別な事情がない限り、鼻の表面に傷が現れないクローズ法で手術を行っています。


「オープン法」
左右の鼻の穴の中と穴の間の「鼻柱」と呼ばれる部分を切開して手術を行う方法です。医師が左右の軟骨を確認しながら手術を行えます。鼻の小さい方や、皮膚の伸びづらい方に適しています。鼻柱に傷ができます。


「クローズ法」
左右の鼻の穴の中を切開して手術を行う方法です。オープン法に比べて手術操作は難しくなりますが、術後のイメージが想像しやすく、鼻の表面への傷が見えません。

Doctor’s comment

太い鼻を細くする方法として、鼻翼縮小と鼻骨切りの2つがあります。原因が鼻翼にある場合は小鼻を小さくする鼻翼縮小を行います。鼻骨にある場合には鼻骨切りが適しています。鼻骨切りは、斜鼻やワシ鼻といった症状のある方にも適しており、鼻の幅が広い理由を明確に診断することが重要です。
当院では、できるだけ患者さまのご希望に沿えるよう、カウンセリング時や事前に写真などを提示いただき希望の鼻の形をお伝えいただきます。そのうえで、患者さまの状態を説明して、患者さまに合った手術法を提案します。


阪田和明 院長

形成外科医・美容外科医として鼻骨切りを手掛ける。
大手美容クリニックの総院長を長年務めたあと、阪田美容・形成外科を2016年開院。現在も他院の医師に対し、施術指導を行っています。

治療の流れ

[カウンセリング(約1時間)]
患者さまのご希望を伺い、顔のバランスなどを考慮して最適な治療をご提案します。
方針が決まりましたら、手術と費用のご説明を行います。

(メールカウンセリング)
遠方でご来院が難しい方にはメールカウンセリングも行っています。
治療にご納得いただいた場合は、手術の予約をしていただきます。

手術日当日

[手術前カウンセリング]
手術前に、施術の再確認を行います。

▼

[手術](約30分)
静脈麻酔または全身麻酔を施した後、手術を行います。
(全身麻酔の際は、麻酔医の立ち合いのもと、患者さまの呼吸や循環の状態をしっかり管理し、手術を行います)

▼

[手術後]

全身麻酔の場合は一日入院していただきます。術後に鼻穴からの出血があるため、タンポンを中に詰めてお過ごしいただきます。(タンポンは翌日〜翌々日にはずします)

一週間後

ご来院いただき、医師が鼻の状態を確認し、ギプスをはずします。

[アフターケア]
1ヶ月後・3ヶ月後・半年後検診を推奨しています。

ダウンタイムとリスクについて

ダウンタイム

・腫れは術後1〜2週間程度でほとんどおさまります。
・施術直後の腫れはギプスに隠れているため、あまり目立ちません。ギプスは鼻の上まであるため、マスクをしても少し露出します。
・粘膜の傷は2〜3週間程度でふさがります。その間に強く鼻をかむことは避けてください。
・骨がしっかり固定される2〜3ヶ月間は、鼻に荷重がかからないようにご注意ください。
・洗顔はギプスをはずした後に可能です。ギプス装着時には、濡れタオルなどで拭いてください。
・シャワーは翌日から可能ですが、施術部位を触る・濡らすなどの刺激はお控えください。

リスクについて

・効果については個人差があります。
・全身麻酔の比較的頻度の高い副作用として、術後の吐き気や嘔吐・頭痛・のどの痛み・かすれ声・歯の損傷・唇の傷や腫れ・悪寒や発熱・のどの渇きなどがあります。

Q&A ※効果には個人差があります。

手術にはどれくらい時間がかかりますか?
鼻骨切りのみの場合は20〜30分で終了します。他の施術と同時に行う場合は、その時間が延長されます。
手術の翌日から会社に行けますか?
ギプスを一週間装着しなければならず、腫れは術後1週間〜10日程度続きます。しばらくはダウンタイムが必要となります。
手術に痛みはありますか?
静脈麻酔または全身麻酔後に行われるため、手術中の痛みは感じません。術後には痛み止めを処方しますので、必要に応じて服用してください。
いつから入浴できますか。
翌日からシャワー浴が可能ですが、顔は濡らさないようにしてください。
他院で行った鼻の修正も可能ですか?
他院修正も行っております。お気軽に一度カウンセリングにお越しください。

費用

鼻骨切り ¥600,000(税別)※処方薬込み
全身麻酔 ¥200,000~(税別)
リラックス麻酔(静脈麻酔) ¥40,000(税別)

 

気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

アクセス
〒160-0006
東京都新宿区舟町1-12 MKビル2F東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」4番出口1分
診療時間
10:00~18:00
休診日
木曜日・日曜日
03-6380-6962
メール相談・予約